2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05



スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

アイロニックメタファー 
はいどうも、僕がブログ更新と言ったら!
そうです!新曲です!!

この流れです!

今回はイラストをNidy-2D-さんに
リードギターをナオさんにお願いしています~

ちょこちょこっと制作秘話というか、裏話なんかを。

溢れ出るスタイリッシュといえば…そうだ!カッティングだ!!
ということでこんな感じになりましたww
楽曲としてはアップテンポで荒々しい中にも
どこか綺麗で吸い込まれるような魅力のある
そんな曲になったらいいな、と思いながら作っています。

歌詞はここ最近、というか2ndアルバムを制作しているくらいから
人が思っていることや考えていることを
もっともっと掘り下げてみたいな、という想いが強くなってきました。

「心做し」なんかは恋というものを知った時の感情を描いているので
そういう意味では割と人の良い部分なのかな、と思いますが
今回はヘイト感というかダークな部分が少し出ますね。

怒っているとか、怠惰な部分とか
そういった負の感情を如何に表現するかにフォーカスしています。

大体そんな感じです!!


あとあと
これは予定だけど、9月初旬にも曲を投稿予定なので
少し先ですがそちらも楽しみにしていてもらえたら…いいな…っ!!






追記は歌詞です。



アイロニックメタファー


態度だけ偉そうに何を悩んでんの?
どうにか出来るのなら早くやれってんだ

大事なことは後回し
ミルクティーを飲んだひと時
あとは誰かにお願いして
踏ん反り返っているだけ

澄ましたような顔してまだ疑ってんの?
「あんたも物好きだね、割と気に入った」

つまらねぇ大人の遊びなど
今更辞めたって構わないさ
どうせ見てない振りをして
知らぬ存ぜぬを決め込んだだけ

意味もねぇ人生の逝き様を
今更悔いたって叶わないさ
もしも暇なら少しだけ
死ぬのを手伝ってくれはしないか?

世間話はどうも苦手と言っている
そんな奴に育てた覚えはあったっけ

難しいから諦めて
お菓子を食べるひと時
汚れた指で触る場所は
リモコンの数字のボタン

阿呆らしい子供の遊びなど
ヤらせておいたって構わないさ
どうせ首を突っ込んでも
無駄だと解って泣きを見るだけ

言う事を聞いてくれないなら
両手で殴ればそれで済んだ
昔話をネタにして
笑うのを手伝ってくれはしないか?


最後に全部種明かし
自己満足のひと時
甘い蜜を舐めた彼らも
足掻いたってこれで終わり

つまらねぇ大人の遊びなど
今更辞めたって構わないさ
どうせ見てない振りをして
知らぬ存ぜぬを決め込んだだけ

意味もねぇ人生の逝き様を
今更悔いたって叶わないさ
もしも暇なら少しだけ
死ぬのを手伝ってくれはしないか?

Close・・・↑


THEME | GENRE 音楽 |
音楽 | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

白熱灯と歪曲線 
はい、新曲です。
なんかこのブログ、曲投稿のタイミングでしか更新しなくなってしまって
もう少し真面目にやらなければと思っています。

今回は久々にriria009さんとのコラボです!

どうぞよしなに。





追記に歌詞載せときますです。




白熱灯と歪曲線


受け入れたくない現実とか
色褪せていく思い出とか
心模様に見え隠れした
僕の答えはあの日のままなんだ

君の知らない離れた場所で
今日も命を消費するけど
白熱灯に照らされながら
揺らめく影に笑いかけるよ

縛り付けた君の姿を一日中眺めていたい
どんな顔で頼まれても僕は止めないけど
その綺麗な君の肌に汚れた傷をつけてみたい
何処に居ても君の事をいつでも見ているから

気が付いたらこうなって
折り曲げ方を間違って
また僕の頭が混乱と
素敵な理想で埋まっていく

「明日の天気は生憎の雨だって」
浮かない顔した君が言う

吊し上げた君の姿を一日中眺めていたい
その行為に何の意味も理由もないけど
細い腕で首を絞めて君の中で溺れていたい
そうじゃないと君の事を忘れる術がないから

何度も考えたよ
だけどどうにもならないんだよ
せめて最後の言葉だけは
伝えておきたかったんだ

何度も悩んでたよ
やっと君に会えそうだよ
全てを無かった事にして
明日そこに逝くから

そんな悲しそうな顔で心配しなくてもいいよ
もう僕等はあと少しで楽になれるから
想いを悟られぬように僕は息を押し殺して
過去の君と今の君に告げるよ
「さようなら」

愛していた君の姿を滅茶苦茶にしておかないとさ
僕の中の優しい君が消えてしまうから
だから今日も記憶の隅で君を歪めて捻じ曲げて
生きてるけどそんな事は無駄だと解ってるから

Close・・・↑


THEME | GENRE 音楽 |
音楽 | TB : 0 | CM : 2 - | Top▲

COMMENT LIST

【管理人のみ閲覧できます】 by -



【管理人のみ閲覧できます】 by -



About me 
先ほど新曲を投稿してきました。

英語頑張ったけどあってるかどうかはわからない…
間違っても怒らないでねっ☆







追記は歌詞です~





About me


I have a story to tell
Do you hear me tonight
It's things about me

I'll be waiting in bedroom
But anyway you can't come
I get it,never mind

Now,it is starting to rain
I feel you drop tears
And my heart become heavy

What's this world coming to?
There's nothing that can be done
I couldn't careless

It's wonderful for me that world is moving now
Some lights turn around and around
I lost my head again
And just want to throw everything away
It's not that easy

Maybe I'm afraid I'm not as tender guy as you think
Looking your eyes, and I say"love you" with fake smile
I don't know what to do
Please tell me what should I do
Just feel so sad inside,but I kiss you
Kiss you...


I have a story to tell
Do you hear me tonight
It's things about me

I'll be waiting in bedroom
But anyway you can't come
I get it,never mind

I can't get my mind off you
I'm such an idiot
Same as usual

You made me feel so better
It brings back memories
It's things about you

My hands can't take back that the time I passed with you
Some doubts broke me down,broke me down
If you are still alive,I wanted to say it's not your fault
But it's too late for us


It's wonderful for me that world is moving now
Some lights turn around and around
I lost my head again
And just want to throw everything away
It's not that easy

気付いた時には終わりを告げ全てが僕を笑うんだろう?
風が冷たいこんな日は君を思い出すよ

Maybe I'm afraid I'm not as tender guy as you think
I close my eyes, and I say"love you" with true smile
I don't know what to do
Please tell me what should I do
Just feel so sad inside,but say good-bye
Good-bye...

Close・・・↑


THEME | GENRE 音楽 |
音楽 | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

心做し 
みなさま明けましておめでとうござります!

先ほど2014年1発目の新曲を投稿してきました~
今年もどうぞよろしくお願い致します(・´з`・)







追記は歌詞です






心做し


ねぇ、もしも全て投げ捨てられたら
笑って生きることが楽になるの?
また胸が痛くなるから
もう何も言わないでよ

ねぇ、もしも全て忘れられたなら
泣かないで生きることも楽になるの?
でもそんな事出来ないから
もう何も見せないでよ

君にどれだけ近づいても
僕の心臓は一つだけ

酷いよ酷いよ、もういっそ僕の体を
壊して引き裂いて好きなようにしてよ
叫んで藻掻いて瞼を腫らしても
まだ君は僕の事を抱きしめて離さない
もういいよ


ねぇ、もしも僕の願いが叶うなら
君と同じものが欲しいんだ
でも僕には存在しないから
じゃあせめて此処に来てよ

君にどれだけ愛されても
僕の心臓は一つだけ

やめてよやめてよ、優しくしないでよ
どうしても僕には理解ができないよ
痛いよ痛いよ、言葉で教えてよ
こんなの知らないよ
独りにしないで


酷いよ酷いよ、もういっそ僕の体を
壊して引き裂いて好きなようにしてよ
叫んで藻掻いて瞼を腫らしても
まだ君は僕の事を抱きしめて離さない
もういいよ

ねぇ、もしも僕に心があるなら
どうやってそれを見つければいいの?
少し微笑んで君が言う
「それはね、ここにあるよ」

Close・・・↑


THEME | GENRE 音楽 |
音楽 | TB : 0 | CM : 3 - | Top▲

COMMENT LIST

【管理人のみ閲覧できます】 by -



【管理人のみ閲覧できます】 by -



【管理人のみ閲覧できます】 by -



思い出し話 
昔いとこが言ってた面白い話を思い出したから書くね。
もしかしたら知ってる人いるかも。

うろ覚えなのはあしからず。



タイトル『作文』

小学生のA君は、夏休みの宿題で作文を書くことになりました。
でもA君は作文がとても苦手です。
そこで自分の家族に聞いてみました。

A「ねぇねぇ、お父さん。作文教えて」
父「作文はわからんな。みんなの言うとおりに書きなさい」


困ったA君は今度はお母さんに聞きました。

A「作文教えて」
母「今忙しいんだから、そんなの後にしなさい!」


今度はお兄さんに聞きました。

A「作文教えて」
兄「うるせぇな、あっちいけよ」


今度はお姉さんのところに行きました。
しかしお姉さんは彼氏と電話をしていて答えてくれません。

姉「じゃあ~バイクで行くね~」


今度は弟の所に行きました。
弟は何故か大笑いしながらゲームをしています。

弟「ドンキーコングぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!」



そして夏休みが終わり
ついに作文を発表する日になりました。

A君に発表の順番がまわってきます。

先生「それではA君、発表してください」
A「みんなの言うとおりに書きました」

先生「…まぁいいでしょう、発表してみて下さい」
A「今忙しいんだから、そんなの後にしなさい!」

先生「早く発表しなさい!」
A「うるせぇな、あっちいけよ」

先生「先生に向かってどういう口の聞き方だ!あとで職員室にきなさい!」
A「じゃあ~バイクで行くぜ~!」

先生「先生をなんだと思っているんだ!!」
A「ドンキーコングぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!」





おしまい。


THEME | GENRE 音楽 |
雑記 | TB : 0 | CM : 1 - | Top▲

COMMENT LIST

【管理人のみ閲覧できます】 by -









<<Prev | HOME | Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。